近くの野菜直売所も探せる!情報サイト「ジモチョク!」

  1. ジモチョク探検隊がゆく!
  2. イノサクらジモチョク!探検隊興奮!清水農園さんの採れたて野菜が韓国風アレンジ料理に!

前回、

食べなきゃ分からない?!直売所に並ぶ野菜の魅力を清水農園さんの畑からレポート!(東京・国分寺)

ということで直売所清水農園さんの畑を見学させてもらい、清水さんのご厚意により採れたて野菜をその場でいただいたジモチョク探検隊。


今回は清水農園でいただいた野菜たちを国立市にある子育て古民家「つちのこや」で調理をしていただきます。(レシピ付き!)


ジモチョク探検隊は子育て古民家「つちのこ屋」の中へ


井上:こんなところが東京にもあるんですね~。なんか今日は東京のイメージがずいぶんと変わりました。


小野:東京って言っても多摩地域はもともと農業が盛んな地域だったからね。ここも甲州街道っていう江戸時代に整備された街道沿いで、昔ながらの家も多いんだ。ここは「やぼろじ」っていって、昔この辺りの診療所だった家を改装してシェアオフィスとして使っています。

今から行く食堂は僕が理事長を務めるNPO法人くにたち農園の会で運営していて、地場食材を使った料理を普段から提供しているんですね~



鶴見:なんかすごい説明っぽいコメントですね(笑) あ、説明といえば森田さんと江藤さんがいませんね?


小野:森田君は大学の授業、江藤さんは別の打ち合わせなので今日の(ジモチョク)探検隊は私と鶴見くん、イノサクの3人でまわっていくよ!あ、さっそくいらっしゃった!


玉ちゃん:いらっしゃい~待ってました~


韓国食堂 玉ちゃんの家 小湊玉さん

韓国食堂 玉ちゃんの家 小湊玉さん
〒186-0011 東京都国立市谷保5119(やぼろじ内)
月・火ランチ 土ディナーのみ営業 


清水農園さんでいただいた食材を持ち込んで調理スタート!


井上:韓国料理!超お腹空いてきました(笑)


玉ちゃん:それじゃあ、一緒に料理しましょうね!


鶴見:直売所で買ってきたばかりの食材を用意しましたー!


清水農園で採れた野菜


玉ちゃん:いいね~、うちもだいたい直売所に行ってその時においしそうなもの買って使うことが多いのね。

でも、直売所にも売ってないものがあって、そういうのは農家さんから直接譲ってもらったり、自分で育ててます。


井上:売ってないものって何ですか?


玉ちゃん:例えば、枝豆の葉っぱとか、カボチャの葉っぱとか、サツマイモの茎とか


清水農園で採れた野菜の葉

エゴマ、枝豆の葉、カボチャの葉、玉ちゃんは色々な野菜の葉も使いこなす


鶴見:確かにスーパーでは見かけないですね。でもこうゆう葉っぱはどうやって食べるんですか?


玉ちゃん:枝豆の葉は生でお肉を巻いたり、カボチャの葉とサツマイモの茎は筋をとってスープの具にすると美味しいのよ~


鶴見:へえ…食材の使い方はいろいろなんですね!


小野:まあお腹空いたでしょうからさっそく玉ちゃん!お願いします。


玉ちゃん:はいよ~!うわ、このニンニク!デカいね~。ジャンボニンニクはあまり臭みがないから、この大きさを活かして生で使っちゃうおうかね


一般のニンニクとジャンボニンニク

 普通のニンニク(左)とジャンボニンニク(右)の1片 



ジャンボニンニクの醤油漬け

 【大蒜(にんにく)の醤油漬け】レシピ
 〈材料〉
 ・醤油200ml  ・きび砂糖50g  ・水80ml  ・大蒜2個
 〈作り方〉
 ・醤油、水、きび砂糖を沸騰させる
 ・冷めたら大蒜をいれて一週間漬けると食べごろ 


料理をする玉ちゃんとイノサクと洗う鶴見


玉ちゃん:次はキュウリとニンニクのコラボ行っちゃうよ~、タコ胡瓜キムチね


井上:めちゃめちゃ食欲刺激する香りです!


タコ胡瓜キムチ

 【タコ胡瓜キムチ】レシピ
 〈材料〉
 ・タコ足1本  ・胡瓜2本  ・塩8g  ・唐辛子少々

・魚醤5ml  ・梅シロップ10ml
 ・大蒜少々  ・生姜少々
 〈作り方〉
 ・タコと胡瓜を乱切りにする
 ・胡瓜を塩もみする
 ・大蒜、生姜をすりおろし、唐辛子、梅シロップ、魚醤を入れ、キムチあんをつくる
 ・乱切りにしたタコと胡瓜に、キムチあんを入れ混ぜる


玉ちゃん:メインはこれ、冬瓜も大きいからたっぷり使って、野菜も色々入れちゃうよ。チゲはもともと「鍋」っていう意味だから、お好みで何を入れてもOK。ナスも入れちゃうよ。


冬瓜


 【味噌チゲ】レシピ
 〈材料〉4人分
 ・冬瓜200g  ・玉ねぎ1/2個  ・豆腐1丁
 ・味噌100g  ・大蒜少々  ・唐辛子少々
 ・煮干し6本  ・だし昆布10㎝程度のものを2本
 ・水500g  ・茄子1/2本  ・甘唐辛子1本
 〈作り方〉
 ・煮干しと昆布を水に入れ出汁をつくる
 ・冬瓜、玉ねぎ、甘唐辛子、茄子を食べやすく一口サイズに切り、出汁に入れ火にかける
 ・味噌、唐辛子、大蒜(おろしたもの)を入れる
 ・もう一度沸騰したら豆腐一丁を4等分に切り、鍋に入れ火を止める 


玉ちゃんを手伝うイノサク

野菜を切って玉ちゃんをアシストする井上、洗い物をする鶴見、ただウロウロするだけの小野という見事な連携プレーでおよそ30分


清水農園直売所、韓国風野菜たっぷりランチ 完成!


一同:いただきま~す!



玉ちゃん:どうですか~?


井上:めちゃ美味しい!もっと食べたい~…もぐもぐ



小野:玉ちゃんランチはいつも美味しいんですけど、今回は本当に野菜づくしで、葉菜・根菜・果菜どれもたっぷり使ってますね。


鶴見:こんなに野菜を食べた1日は初めてかもですけど、1日体に良いもの食べれてメタボから遠ざかった気がします!


直売所の野菜をたっぷり堪能したジモチョク探検隊 イノサクの野望


小野:直売所ってなんでも美味しそうなんだけど、実際にそれをお家に持ち帰って美味しく食べきれるかがポイントだよね。


小野:緑のものは特に鮮度が大事。すぐにサラダかさっと火を通した状態で食べるとビタミンもたっぷり取れます。

果菜、根菜は日持ちしますけど、やっぱり水分が抜けていくから、新聞紙なんかにくるんで日の当たらないところで常温保管がいいです。冷蔵庫だとかえって水分が抜けることもあるからね。


井上:いやー美味しかったです!なんか直売所がもっと好きになりました~!


鶴見:直売所での販売と野菜を実際に採って美味しく調理してもらって堪能しましたー!って感じでしたけど。次回はどうしますかね?


小野:イノサクはどうしたい?


井上:そおですね...。(この企画では)もっと食べたいです!あ!それから自分で直売所やりたいです!


食べ続けるイノサク

撮影終了後も食べ続け、野菜でご飯3杯完食したイノサク


鶴見:おーいいですね~


小野:いいの?見てきたと思うけど、大変だよ?野菜売るの


井上:直売所、栃木の地元でもやりたいな~って思ってます!なんかいろんな人が一つの場所に集まってくるそして美味しい野菜がいっぱい食べられる直売所を作りたいです!


鶴見&小野:!!?



次回 は

清瀬市の人気ブランドトマトを育てる「関ファーム」をジモチョク探検隊が直撃!(東京・清瀬市)

へ!



今回探検した直売所(施設)


田畑とつながる子育て古民家「つちのこ食堂」

場所:〒186-0011 東京都国立市谷保5119 やぼろじ内 

営業時間:毎週月・火 11:00~14:00

・駐車場無し
・お車の方はJR南武線「谷保駅」北口周辺のコインパーキングをご利用ください。

「つちのこや」公式サイト



Let's Go 関連の直売所

Recommend 編集部おすすめ直売所