近くの野菜直売所も探せる!情報サイト「ジモチョク!」

  1. 推しチョク
  2. 混雑必死!予約不要のいちご狩りを都内で楽しめる人気スポット「世田谷いちご熟」(東京・世田谷区)

東京では桜の開花も発表されもう少しで春爛漫の季節がやって来ますね。
桜の開花といえば同じく旬を迎えるのが「いちご」。
いちご狩りといえば大人も子どもも楽しめる春の行楽としては定番ですが、栃木県や福岡県でもない東京のど真ん中、世田谷区のいちご農園でいちご狩りができることはご存知でしょうか?


ビニールハウスを持つ農園は必ずしもアクセスのいいところばかりではありません。そういった場合、首都圏にお住まいでも車を持っていないと、

「いちご狩りに行くのは..」

と躊躇してしまう方も多いはず。


今回はそんな都心でもいちご狩りができる貴重なスポット「世田谷いちご熟」でのいちご狩りの様子をレポートします。


抜群のアクセスの良さ!渋谷から30分でいちご狩りへ!


東急田園都市線・大井町線の2路線の利用可!

世田谷いちご熟へは東急大井町線上野毛駅から徒歩10分。上野毛駅は東急田園都市線・大井町線の2路線が乗り入れる二子玉川駅からわずか1駅と都心からでも絶好のアクセスです。



予約不要だからこそ当日の到着時間は計画的に!

多くのいちご狩り農園は予約制ですが、世田谷いちご熟では予約なしの先着順での案内となっているので、思い立ったら次の営業日にも早速いちご狩りができます。営業日は毎週水・日曜日ですが、いちごの生育状況によっては休園になる可能性もあるので事前に必ずホームページやFacebookをチェックしてから向かうようにしましょう!

▲「世田谷いちご熟」Facebookページではこまめに営業状況を更新しています


ホームページでは10時開園と記載されていましたが、営業状況がリアルタイムに更新される公式Facebookページで確認してみるとなんと、午前9時過ぎには定員となってしまうこともあるとの情報が!
当日、9時ちょうどに到着した編集部員の私の前にはすでに多くのお客さんが集まっていました。実際にこの日、9時20分を過ぎる頃には定員でいっぱいになってしまい、残念ながらいちご狩りに参加できなかった方も見受けられました。


農園の方に伺ったところ、
毎週末はやはり混雑しているけど、平日の水曜日はもう少し空いているよ。」とのことでした。


▲受付の行列の様子


せっかくいちご狩りができると楽しみに来たのに満員でいちご狩りができなかった!ということのないように、なるべく午前9時前には来園できるよう計画されることをオススメします。


▲本日定員(満員)の看板が!


列に並ぶこと10分ほどでようやく受付をすることができました!
受付で終了時間が記入されたチケットと練乳入りのカップをもらいます。


▲終了時間の書いたチケット練乳の入ったカップ




営業時間は要確認!ハウス内は入れ替え制でじっくり食べ放題へ!


料金は税込で大人2000円、お子さんは1700円30分間食べ放題制です。
時間内は3つあるハウス内を自由に移動していちご狩りを楽しむことができます。

それでは早速ハウスの中へ行ってみましょう!


▲「世田谷いちご熟」ハウス内


いちご狩りをするビニールハウスの中はとても広く足元もシートで覆われているため土で汚れることが少なく30分間の食べ放題を存分に楽しめます
時間帯ごとの入園人数が決まっているのでハウス内は決して混み合うこともなく、ゆったりといちご狩りを楽しめます。


受付の所には朝早くからたくさんのお客さんがいたのでいちごの量は十分にあるのかな?と少し心配でしたが、同時に入れる人数を制限しているためどのハウスにも真っ赤ないちごが鈴なりになっており、それほど心配は必要ありませんでした。


世田谷いちご熟で現在栽培されているのはいちご狩りの代表的な品種である「紅ほっぺ」と「章姫」の2種類。


▲ハウス前にはいちご狩りのできる品種の案内


個人的には紅ほっぺの方が味が濃くて甘みがしっかりしているのに対して、章姫は香りが良く上品な味わいだと感じました。


いちご狩り中にはこんな大きないちごも度々見かけました。


▲スーパーであまり見かけないような大きさのいちごを見つけると嬉しくなります!


こんなサイズのいちご、スーパーではほとんど見かけませんよね。
形は大きくともどこをかじってもとっても甘いいちごでした!




お子さんの目線にいちごが!お子さんはもちろん家族で楽しめるいちご狩り


世田谷いちご熟ではいちご狩りのしやすい高設栽培をしているので、屈まなくても、立ったままいちご狩りが楽しめます。
小さなお子さんでもちょうど頭ぐらいの位置にいちごがなっているので親子でいちご狩りが楽しめると思います。


▲お子さんの目線に真っ赤ないちごが生ってます


住宅街の中にある農園なので自動車の駐車場はありませんが、駐輪場とベビーカーを置くスペースは確保されているので、お子さま連れでも楽しめるいちご農園です。取材をした日も来園した半数以上のお客さんが小さなお子さま連れでした。

存分にいちご狩りを満喫し早くもお腹がいっぱいになったところで30分のいちご狩りが終了です。



お土産には世田谷いちご熟オリジナルのアイスを!


どのいちごも真っ赤に熟れていて味が濃くとても美味しくて大満足でした。
いちご狩り終了後にはおやつは別腹とばかりに世田谷いちご熟で取れたいちごをふんだんに使用したオリジナルアイス(300円)をいただきました。



▲「世田谷いちご熟」オリジナルアイス


世田谷いちご熟で取れたいちごを贅沢に使用したゼリー(200円)も販売されているので、家族やお友達へのお土産にもオススメです。


▲「世田谷いちご熟」オリジナルゼリー





いちご狩りの帰りには二子玉でショッピングも


今回は都内でいちご狩りが楽しめる世田谷いちご熟のいちご狩りをご紹介しました。
噂には聞いていましたが都心から20分というアクセスの良さで、これだけのいちご狩り体験ができ美味しいいちごをいただくことができ大満足の体験となりました。


隣駅の二子玉川駅には2015年にオープンしたばかりの映画館併設の大型ショッピングモール「二子玉川ライズ」もあるので、いちご狩りのあとは二子玉川まで足を伸ばして映画やお買い物、食事を楽しむのもいいですね。


今度の営業日は是非少し早起きして世田谷いちご熟でいちご狩りを楽しみましょう。




直売所情報

▼世田谷いちご熟
場所:〒158-0091 東京都世田谷区中町4-32-1
営業時間:10:00~無くなり次第終了

営業日:水曜、日曜日
電話番号:03-3701-5171
アクセス:東急大井町線 「上野毛駅」下車。徒歩約10分
世田谷いちご熟 公式サイト:http://setagaya1519.wixsite.com/setagaya1519
Facebookページ:https://www.facebook.com/setagaya1519/



Let's Go 関連の直売所

Recommend 編集部おすすめ直売所