近くの野菜直売所も探せる!情報サイト「ジモチョク!」

  1. 推しチョク
  2. 日本一の大凧の町春日部市で産直野菜が集まる「道の駅 庄和」へ!(埼玉県・春日部)

東京から東北へとつながる国道4号線 。庄和インターから10分ほど走った頃に「道の駅庄和」があります。


日本一の大凧あげ!2018年もこどもの日に開催!


毎年5月の3日と5日に江戸川河川敷で開催される日本一の大凧あげ祭り「春日部の大凧あげ祭り」。大凧文化保存会の会員によって作られる大凧は百畳の大きさもありその重さは800キロにもなります。

また大凧が空に舞い上がるためには風速が6m以上の風が必要であり、10m以上の風では揚げられないなど自然が相手となる春日部市の伝統行事です。


風は風速6メートル以上必要です。しかし、10メートルを超えると逆に危険です。平成26年は、風速10メートルを超える風が吹き、大凧があがった途端、強風に耐えきれず空中でバラバラになりました。
「大空に広がる百畳の夢 〜春日部市西宝珠花 大凧あげ祭り〜」(ダイドードリンコ 日本の祭り)より引用

120人以上の引き手が心を一つに大凧を揚げる姿は感動の一瞬となるようです。
そんな大凧あげ日本一の町で大凧あげの伝統を守ってきた市民を支えてきた地元食材が集まる「道の駅庄和」を見てきました!



「道の駅 庄和」のシンボルは正面玄関の小凧


道の駅のシンボルとなっている大凧。


▲敷地外からも見ることができるその大きさは圧巻 


こちらの玄関に展示されている大凧は「大凧あげ祭り」で子ども達が使う子ども用のサイズだということで、実際に江戸川河川敷で揚げられる「百畳敷の大凧」の大きさがどれくらい大きいのかというのが分かりますね。


そんな大凧の大きさに圧倒されつつ、道の駅の店内を見ていきましょう。


「道の駅 庄和」店内


季節の産直野菜が並ぶ野菜棚


玄関に入りまず目にするのは積まれたトマトのケース販売コーナー。3月上旬から5月下旬に旬を迎える中玉トマトが並んでいます。


▲形の揃った真っ赤なトマト



農家から集められたケース販売のトマトも午前中で次々に売れていくようです。


「冬瓜(とうがん)」とは書きますが旬は夏とされる冬瓜(とうがん)。


▲さっぱりした味とシャキシャキした食感で夏にぴったりな冬瓜



寒い時期のスパーで見かけることも多い冬瓜ですが、収穫してから2、3ヶ月(寒くなった頃)は保存することができる夏野菜だそうです。


店内中央には大きい棚が数列あり、よく見てみると生産者の紹介と顔写真が並べてあり、文字通り生産者の顔が見えるお野菜たちが並びます。


▲棚に並ぶ産直野菜と生産者の紹介写真



葉の先までぴんと張った見るからに新鮮な葉物野菜は朝の開店からまもなく次々に売れていきました!



「道の駅 庄和」のお買い得品


新鮮野菜が並んでいるとはいえ、さらにお買い求めな見切り品、値引き品は必ずチェックしたいコーナー!(わたしだけ?)


▲野菜棚のその奥に見つけた値切り・見切り品!



値ごろ感や野菜の状態をチェックして買い時だと思ったらどんどん買い物かごに入れていきます!隣にいたお客さんが選ぶのを待って手に取って戻していたら先に買われてしまいます。


編集部員が購入したのは、当日中に食べるから!と選んだハーフサイズのメロン!


▲ハーフサイズのアールスメロン!



贈答用としてもよく見かけるアールスメロンが¥300!これは買いだ!といそいそと買い物かごに入れてにんまり♩


「道の駅 庄和」で見つけた特産品


精肉売り場では埼玉県のお隣、栃木県小山市の「おとん  」というブランド肉を取り扱っていました。


▲小山市のブランド豚「おとん」


冷蔵庫に貼られたポップを見たときにはそのネーミングに少しびっくりしましたが、調べてみると市内の畜産農家が新鮮な水とハトムギなどを与えて育てた認定豚だそうで農林水産大臣賞も受賞しているとのことです。

小山ブランドのご案内


ブランド豚「おとん」を買って帰ろうかと悩み店内を歩いていると千葉県野田市の本店を置く餃子専門店「ホワイト餃子」の売り場を発見しました!…ですが


▲揚げるように焼きもちもちとした食感にファンの多い「ホワイト餃子」



しかし残念ながらこの日はすでに売り切れており次の入荷を待っている状態でした。お買い得品を見つけ高揚した気分もこちらに来てはがっかり...。


思いもよらず餃子欲が高まってしまったのでお店の外の売り場をのぞいて見ます。(スタッフは宇都宮出身)




「道の駅 庄和」の店外売り場


草花売り場


屋外の園芸コーナーには季節の切り花鉢、植え、苗が並びます。


▲花・植木売り場に並ぶ桜草やパンジー



埼玉県の県の花でもある「桜草」や色鮮やかな花を咲かせるパンジー、ミニトマトの苗が売られています。




「道の駅 庄和」の食事処


お腹が空いたら本館隣にある「食彩館」へ!
カレー、ラーメン、そば、中華などの専門店が集まった「食彩館」があります。


▲麺類から海鮮丼までしっかりご飯を食べられます


どの店舗のメニューも¥600〜¥900前後で地元産野菜を使ったボリュームのある食事ができます。


「道の駅 庄和」には食事処はもちろん、広く設けられたバイク置き場、自転車置き場が設置してあります。


▲サイクリストが休憩がてら立ち寄るスポットになっているようです


交通量の多い4号線ですが、道の駅を利用するサイクリストが増えたこともありスポーツタイプの自転車を停めておくことのできるサイクルスタンドがありました。

建物の軒下に設置してあり雨の降る日でも車体を濡らさず休むことができるのはこの付近を走るサイクリストにはありがたいですね。


またサイクルスタンド隣にはトイレと周辺の観光情報を座って見ることができ無料のWi-Fiが利用できる「情報館」があります。急な天候の変化で休憩をとる場合はこちらが便利です。




「道の駅 庄和」で開催されるイベントも注目


地元春日部市内周辺で採れた産直野菜はもちろん、地元の特産品、お土産コーナーも充実しており店内を見て回るとあっという間に時間が過ぎてしまいます。
道の駅庄和では「商工会フェア」や東北の復興支援イベント、周辺の高校とのコラボイベントなど、地元住民だけではなく県外から来たお客さんも楽しめる企画を頻繁に開催しているようです。

イベント情報は「道の駅 庄和」の公式サイト、Facebookページにて更新されていますのでお立ち寄りの際はご参考くださいね!





直売所情報

▼道の駅庄和
住所:〒344-0121 埼玉県春日部市上柳995
営業時間:
本 館 8:00~19:00
食彩館 11:00~19:00
情報館 8:00~18:00
定休日:1月1日・2日(その他臨時休館日有り)
電話番号:048-718-3011
アクセス:庄和インターより国道4号バイパス北側約800メートル右側
webサイト:道の駅庄和ホームページ http://michinoeki-showa.or.jp/index.htm
Facebookページ https://www.facebook.com/shoukurou/
駐車場:大型車40台 普通車160台 身障者2台


Let's Go 関連の直売所

Recommend 編集部おすすめ直売所