近くの野菜直売所も探せる!情報サイト「ジモチョク!」

  1. 推しチョク
  2. 売り切れ必須の山菜とブランドポークは食べておきたい!神奈川県唯一の村「清川村」の観光拠点がリニューアル!「道の駅 清川」(神奈川県・清川村)

みなさんは神奈川県にあり首都圏最大のダム「宮ヶ瀬ダム」をご存知ですか?


宮ヶ瀬ダム

▲ダムマニアの間でも安定の人気「宮ヶ瀬ダム」


関東最大の貯水量を誇る宮ケ瀬ダムは神奈川県の2/3の水道水を供給する巨大ダム湖です。

そのお膝元にある神奈川県唯一の村である清川村に2018年4月1日、「道の駅 清川」がリニューアルオープンしました!


リニューアルされた「道の駅 清川」

▲リニューアルされた「道の駅 清川」


道の駅とは国土交通省が登録した道路沿いの複合施設です。直売はもちろんのこと、休憩所や地域振興の機能も兼ね備えてます。
全国に1134か所(2017年末時点)があり神奈川県では4か所目、2015年に「道の駅 清川」も登録されました。


今回は半日密着させていただくということで駅長の海野さんにお世話になります。


「道の駅 清川」の駅長 海野さん

▲駅長の海野さん(写真左)


小野:海野さんは元々青果業界出身とのことですが直売所の運営もお手の物なんでしょうか?


海野:「いやいや、店長業務は生まれて初めてなので新しいことだらけで毎日てんてこ舞いです。それでもリニューアル前からのベテランスタッフさんたちがいてくれるのでなんとか乗り切れていますね(笑)」


駅長の海野さんとスタッフ

▲スタッフに指示を出す海野さん


オープン前のお店には生産者たちが次々と軽トラでやってきては商品が運び込まれます。
4月前半はまだまだ出荷される野菜が少ないかと思いきや、この地域は山菜が名物。まさに旬のとれたて山菜がずらりと並びます。


生産者さんと話す海野さん

▲商品を運び入れる生産者さんとの会話もお客さんへのコミュニケーションのヒントに


このコゴミは栗林の土手の上に、むか~しなんとなしに植えておいたものが増えちゃってね。それがここじゃ毎日売り切れるんだからうれしいですよ」と持ちこみの生産者さん。


▲店内は地元清川で採れた野菜を中心に棚いっぱいに!


そうこうしているうちに店の前にはいつしか10時のオープン待ちのお客さんたちが並び始めています。


この日は平日ですが、休日となるとさらに行列となるとのこと。


▲オープンから間も無く店内はお客さんでいっぱいに


オープンと同時にこの勢い。
やはり特に人気なのは山菜であっという間に棚はこの通り。


▲「道の駅 清川」で人気の山菜


フキを5束も買ったお客さん。近くの飲食店の方かと思いきや?


「いえ、うちで煮つけにして冷凍しておくんですよ。この細さの若いフキってこの時期にしか手に入らないでしょ?」とのこと。
最初から狙い定めてやってくるお客さんも多いんです。


▲あっという間に並べた野菜たちがなくなっていきました!


※あっという間に棚が空っぽに...このあと生産者が追加で持ってきてくれました


もちろん道の駅清川の名物は山菜だけではありません。神奈川県でも相模原や愛甲郡など近隣は農産地帯です。


清川ポークに海野店長一押しの「大地がくれた卵 クレタマ


▲海野駅長おすすめのブランド卵「クレタマ」


小野:10個で650円とはずいぶんいいお値段ですが...


海野:「これはブランド卵なんで、これでも人気でよく売れるんです。胡麻や酵母、ミネラルを含んだ飼料を使うことで、ビタミンE、アスタキサンチンが豊富です。濃厚なコクで、卵かけご飯にしたら最高ですよ!」


小野:なるほど、ネーミングも、大地が"クレ"た"タマ"ゴというわけですね


さらには、これも清川村に石窯がある「手作りパン HEVEN(へぶん)」の焼きたてパン。


▲店主自らが作った石窯で焼いたパンが並びます


そして加工品の一番人気は、「おろんど工房」さんの和菓子です。


▲「おろんど工房」の桜もちやぼたもちが人気


ここまで揃っていたら、ついつい多めに買い物してここで食べていきたい...
という方には2階の休憩所があります。直売所で買ったものをここでゆっくりと食べることもできるんです。


▲購入したパンを買って一息...


さらに、4月からのリニューアルで大きく変わったのが飲食店がオープンしたこと。


恵水(めぐみ)という清川村のブランド肉「清川恵水ポーク」を名前に関した豚丼屋さんです。


▲さっそくいただいていきます!


清川水ポークの売りは丹沢山系のミネラル豊富な清水を飲料水と健康に配慮した自社配合飼料を使っているところ。肉質の柔らかさに定評があります。


人気の「清川恵水ポーク」を使った豚丼


どんぶりものに使われているお米は、県内の厚木産のお米を使っています。


▲本日の日替わり丼は「麻婆茄子丼」


まだまだスタートしたばかりの新生「道の駅 清川」
駅長の海野さんとしては近隣の野生肉(ジビエ)も扱えるようにしていきたいとのこと。
新しい取り組みにも期待です。




直売所情報

店舗情報:道の駅 清川
住所:〒243-0112 神奈川県愛甲郡清川村煤ヶ谷
電話番号:046-288-2700
営業時間:道の駅 10:00~18:00
お食事処 11:00〜18:00 ※ラストオーダー17:30
休館日:1月1日〜1月3日
公式サイト:https://michinoeki-kiyokawa.jp/
道の駅 清川 Instagram
道の駅 清川村 Facebookページ

Let's Go 関連の直売所

Recommend 編集部おすすめ直売所