近くの野菜直売所も探せる!情報サイト「ジモチョク!」

  1. 推しチョク
  2. 路線バスで野菜販売⁈姫路駅前で見つけた「バスの八百屋」(兵庫・姫路市)

こんにちは!

学生による農業プロジェクトよんあーるを主催しております代表の森田です。


7月のある日、世界遺産・姫路城で有名な兵庫県姫路市に「バスの八百屋」なるものがあるらしいと聞いて行ってみました!


姫路駅を降りてすぐ、バスターミナルへ向かうとそこには野菜を載せたトラックが。ここは2015年の駅前再開発に伴い旧バス待合室を利用して売り場を改装したそうです。

早速「バス会社の八百屋さん」をチェックしてきました!


バスの八百屋

▲バスの八百屋玄関

店内奥へ入ってみると、おしゃれな店内にはトマトキュウリオクラなどの色とりどりの新鮮な夏野菜40種類が並んでいました!


新鮮な夏野菜

▲新鮮な夏野菜


▲店内にはシンプルなデザインの看板と届けられた野菜たち


このお店のお野菜は、北は但馬、南は淡路、丹波や播磨の約800人の農家さんから集荷して、収穫されたその日のうちに販売しているんだそう!現在はこの姫路店だけでなく、神戸・姫路エリアで移動販売も行っています。


バスの末席という資源を活用して野菜を販売する


「バスの八百屋」を運営しているのは、神戸・姫路など兵庫県の広いエリアで路線バスを運行している神姫バス(株)です。


スタートしたのは2012年6月。路線バスを使って、地元の農家さん自らが野菜を運搬・出荷することからその名がつきました。郊外の路線バスには空席も目立つ一方で、便数を減らすことは簡単にはできません。「バスの八百屋」は、バスの空席という「未利用の資源」を活用して野菜を運ぶことで、農業や地域の活性化を目指しています。


バスの空席という「未利用の資源」を活用

▲バスの空席という「未利用の資源」を活用


早速僕も、この地域の伝統野菜「網干メロン」を購入。その由来は諸説あるものの、一説によれば日本の「マクワウリ」と「西洋メロン」をかけ合わせたものだそうです。皮が柔らかいのでそのままかぶりついてもOK。優しい甘さが口に広がりました!


伝統野菜「網干メロン」

▲伝統野菜「網干メロン」


バスの発着所に新鮮な野菜売り場を設けることで日常的な買い物から珍しい野菜、お土産を買っていけるなど、姫路観光のついでに立ち寄っていける直売所といえそうです。


文・写真:森田 慧 (よんあーる代表・一橋大学商学部4年)




直売所詳細

▼バスの八百屋 姫路店

場所:JR姫路駅前 神姫ビル1F(旧バス待合所)

営業時間:平日 10~19時、土・日・祝 11~17時

運営者:神姫バス株式会社

Webページ:http://www.shinkibus.co.jp/bus_yaoya/index.html

主な品目:トマト、網干メロン、きゅうり、オクラ、とうもろこしなど

(2017年7月・一例)



Recommend 編集部おすすめ直売所