近くの野菜直売所も探せる!情報サイト「ジモチョク!」

  1. 推しチョク
  2. 仙台駅そばにこだわりの県内野菜と産直が集まる複合施設「AOYA」(宮城県・仙台市)

昨年9月、宮城県内の生産者とJR東日本グループが設立した「株式会社JRアグリ仙台」が運営する農産物直販施設「AOYA」がオープンしました。


JRアグリ仙台が手がけるこのお店には、宮城県内産を中心としたこだわりの農産物や加工品が並んでいました!



宮城県産のこだわり農産物が駅チカで!


「AOYA」があるのは、仙台駅前の愛宕上杉通沿い。おしゃれで明るい店内では、色とりどりの野菜が並べられています。


「AOYA」の店内

▲AOYAの店内


まず目に飛び込んできたのは、カラフルな雪下人参。


その鮮やかさもさることながら、生産者さんの顔写真と「就農11年目45才」「農薬化学肥料を使わずに自然栽培にも取り組んでます」「真っ黒のきれいな土と山に囲まれた秋保」という言葉からそのストーリーやこだわりが伝わってきました!


「AOYA」に並べられた人参

▲生産者こだわりの雪下人参


木箱に入って売られていたのは、石巻市産の「ふぞろいぱぷりか」。ビビットな色合いで思わず手が伸びてしまいます!


「AOYA」のパプリカ

▲鮮やかなパプリカ


さらに、東京ではあまり馴染みのない葉物も販売されていました。その名も「雪菜」。別名「ちぢみ雪菜」とも呼ばれています。


「AOYA」の雪菜

▲ちぢみ雪菜


山形・米沢の直売所で伝統野菜の「雪菜」をご紹介しましたが、それとはまた別物です。


仙台の「ちぢみ雪菜」は、もともと中国野菜の「ターサイ」が原種と言われ、仙台で栽培されているうちに今の形になったそう。旬は12月から2月ごろで、濃い緑色で縮れた葉が特徴。小松菜やターサイと同じようにいただくことができます。


ちなみに仙台では、この「ちぢみ雪菜」の他に、伝統野菜として生産されてきた「仙台雪菜」という在来種も生産されています。こちらは見た目が小松菜に近く、葉はやや厚みのある丸型で、しゃきしゃきとしたさわやかな食感だそうです。



栗原市のソウルフード「大揚げ」


店内には野菜だけでなく、宮城県内の様々な加工品も並んでいました!


「AOYA」で販売される加工食品

▲ずらりと並んだ加工品


中でも人気なのが、栗原市の「柳の目豆腐店」というところで作られた「大揚げ」です!


「AOYA」で人気の大揚げ

▲人気ナンバーワンの大揚げ


「AOYA」の大揚げ

▲シンプルですが、これが美味しい。お試しください


見た目は大きめな油揚げといった感じですが、侮るなかれ。一枚購入してさっと焼いてからお醤油をかけていただいてみたところ、素朴ながらしっかりとした風味で絶品でした!これは納得のお味ですね!



JR東日本が地元生産者とともに取り組む新たな農業


この「AOYA」を運営しているのは、JR東日本傘下の株式会社JRアグリ仙台です。
同社は地域農業者と地元企業・JR東日本グループの共同出資によって2017年に設立され、「出口(販路)のある農業」をキーワードに生産・商品開発・販売の各事業を行っています。
農場は仙台市若林区に畑・水田合わせ約80a ※ を経営しているそうです。

※ 1aはおおよそ田んぼ1枚分


この日は見つけることができませんでしたが、普段はこの自社農場で生産した農産物も販売しているそう!さらにAOYAには、産直コーナーのほかにも、同じ建物のなかにはレストラン・弁当店もあり、宮城の食材を心ゆくまで楽しめます。

仙台駅すぐの便利な立地ですので、仙台にお住まいの皆さんはぜひ一度訪れてみてくださいね!





【書き手・取材】
トテポラボ 代表 森田 慧




直売所情報


店舗名:JRアグリ仙台「AOYA」
定休日:年中無休
営業時間:10:00~20:00
連絡先:022-724-7803
住所:〒980-0021 仙台市青葉区中央1-1-5
アクセス:JR線・仙台市営地下鉄 仙台駅より徒歩5分
公式Webサイト:http://www.jr-agri.com/




Recommend 編集部おすすめ直売所